Tech Any*Any
Mac や Web のあんなこと、こんなこと。

Leopard のファイル共有について

2008/05/24

Leopard のファイル共有を使用したフォルダ内で、Windows からファイルの移動をすると、アクセス権がすべてなくなってしまいます。そのため、そのファイルを開けない状態になったり、名前を変更できなくなったりします。

原因は Leopard から採用されている ACL という拡張アクセス権に不具合があるようです。(Mac OS X 10.5.2)
ACL を無効にすれば、ファイルを開けない状態になったり、名前を変更できなくなったりする不具合はとりあえず解決します。ACL を無効にするコマンドは、

sudo /usr/sbin/fsaclctl -p /Users/[ユーザ名] -d

また、ACL を有効にするコマンドは、

sudo /usr/sbin/fsaclctl -p /Users/[ユーザ名] -e

になります。

コメントする