Tech Any*Any
Mac や Web のあんなこと、こんなこと。

Android を VMware Fusion にインストールする

2013/03/15

Android をエミュレーターで用意するのが面倒なときは、VMware Fusion や VirtualBox などで仮想マシンにすることができます。

ダウンロード

インストール用のディスクイメージは Android-x86 Project でダウンロードすることができます。今回は Android 2.3 をインストールしたいと思いますので、android-x86-2.2-r2-eeepc.iso をダウンロードします。

仮想マシンの作成

VMware Fusion で、Android をインストールするための仮想マシンを作成する方法は次のとおりです。

  1.  [ファイル]-[新規] をクリックして、新規仮想マシン アシスタントを開きます。
  2. [ディスクを使用せずに続行] をクリックします。
  3. ディスクまたはディスク イメージを選択…をクリックして、先ほどダウンロードした android-x86-2.2-r2-eeepc.iso を選択し、[続ける] をクリックします。
  4. オペレーティング システムを “Linux”、バージョンを “その他の Linux 2.6.x カーネル” にして、[続ける] をクリックします。
  5. 作成した仮想マシンの設定を開きます。
  6. ハードディスクを選択して、バス タイプを “IDE” に変更します。

以上で、仮想マシンの作成は完了です。

インストール

作成した仮想マシンを起動して、Android のインストールを始めます。

  1. Installation – Install Android-x86 to harddisk を選択して、タブキーを押します。
  2. 起動オプションの “androidboot_hardware” を “eeepc” から “generic_x86″ に変更します。また、解像度を変更する場合は、”UVESA_MODE=320×480” (320 x 480 px の場合) を追加します。
  3. Create/Modify partitions を選択します。
  4. [ New ] を選択して、[ Primary ] を選択して、パーティションを作成します。
  5. [ Bootable ] を選択して、”Boot” Flag を付けます。
  6. [ Write ] を選択して、パーティションテーブルに書き込みます。
  7. [ Quit ] を選択して、パーティションの作成を終了します。
  8. < OK > を選択して、インストールを開始します。
  9. ファイルシステムは “ext3” を選択します。
  10. Do you want to install boot loader GRUB? と確認がでるので、< Yes > を選択します。
  11. System に読み書きの権限を与える確認がでるので、< Yes > を選択します。
  12. Reboot を選択して、再起動します。SD カードイメージを作成するときは、Create a fake SD card を選択した後、再起動します。

Android を VMware Fusion にインストールするには、1件のコメントがあります。

  1. bumosama より:

    私はムリヤリ(?)USBメモリーにインストールして、そのUSBメモリーから起動してます。最近のマックは「インテル入ってる」なので、普通に(たぶん)動いてますよ。

コメントする