Visual Studio Code で XSERVER に SSH 接続する

XSERVER で Python を使ってみようと思い、まずは Visual Studio Code で SSH 接続を設定してみます。

XSERVER の準備

まずは、XSERVER のサーバーパネルで SSH 設定を開き、状態を ON にします。次に、公開鍵認証用鍵ペアの生成でパスフレーズを入力して、秘密鍵ファイルをダウンロードします。

ダウンロードした秘密鍵ファイルを .ssh フォルダーに移動して、パーミッションを 0600 に変更します。

$ mv [サーバー ID].key ~/.ssh/$ chmod 0600 ~/.ssh/[サーバー ID].key

Visual Studio Code の設定

Visual Studio Code の拡張機能に Remote – SSH をインストールします。

~/.ssh/config ファイルを開き次のように入力します。

Host xserver
    HostName xxx.xserver.jp
    User xxx
    Port 10022
    IdentityFile /Users/xxx/.ssh/stylegraph01.key
    IdentitiesOnly yes
    AddKeysToAgent yes
    UseKeychain yes
  • Host は接続名なので任意の名前にします。
  • HostName は XSERVER のサーバーパネルでサーバー情報に記載されているホスト名にします。
  • User は XSERVER のサーバー ID にします。
  • IdentityFile は XSERVER からダウンロードした秘密鍵ファイルの絶対パスにします。
  • macOS の場合、AddKeysToAgent, UseKeychain を yes にすることでパスフレーズがキーチェーンに保存されます。

SSH 接続

ウィンドウ左下の >< をクリックして Connect to Host… を選択すると、設定一覧が表示されるので、設定した接続名を選択すると SSH 接続が開始されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。