Tech Any*Any
Mac や Web のあんなこと、こんなこと。

Mac

Android を VMware Fusion にインストールする

2013/03/15

Android をエミュレーターで用意するのが面倒なときは、VMware Fusion や VirtualBox などで仮想マシンにすることができます。
(さらに…)

icns ファイルを作成する

2013/01/06

icns ファイルを作成するには、各サイズの画像を用意して、ターミナルで iconutil コマンドを使って作成します。

  1. 各サイズの画像を入れるフォルダーを作成します。フォルダー名の最後は “.iconset” にする必要があります。(例: Icon.iconset)
  2. 作成したフォルダーに次のファイル名とサイズの画像を入れます。
    ファイル名 サイズ
    icon_16x16.png 16 x 16 px
    icon_16x16@2x.png 32 x 32 px
    icon_32x32.png 32 x 32 px
    icon_32x32@2x.png 64 x 64 px
    icon_128x128.png 128 x 128 px
    icon_128x128@2x.png 256 x 256 px
    icon_256x256.png 256 x 256 px
    icon_256x256@2x.png 512 x 512 px
    icon_512x512.png 512 x 512 px
    icon_512x512@2x.png 1024 x 1024 px
  3. ターミナルを起動して、次のコマンドを実行する。
    iconutil -c icns Icon.iconset

ファイル数が10個を超えてしまうと、次のエラーが発生します。

iconutil[319] : ImageIO: _CGImageDestinationCreateWithWriter capacity parameter (12) is too large for this file format (max is 10)
Icon.iconset:error: Failed to generate ICNS.

誤って、icon_64x64.png (icon_64x64@2x.png) を入れてしまいがちなので注意しましょう。

VirtualBox で USB の割り当てに失敗する

2013/01/05

VirtualBox で「USB デバイスの割り当てに失敗しました。」(being exclusively used by the host computer) とエラーが出た場合は次の手順で直ることがあります。

  1. 仮想マシンの電源をシャットダウンする。
  2. 仮想マシンの設定を開き、”ポート” – “USB”  を開く。
  3. “USB コントローラを有効化” と “USB 2.0 (EHCI) コントローラを有効化” にチェックを入れる。
  4. USB コネクタで追加 (+) ボタンを押して、該当の USB デバイスを選ぶ。
  5. “USB デバイスフィルタ” のリストで該当の USB デバイスをダブルクリックする。
  6. メーカーと製品名、シリアル番号を空にして OK ボタンを押す。
  7. OK ボタンを押して、設定画面を閉じる。
  8. 該当の USB デバイスを Mac から取り外す。
  9. 仮想マシンを起動する。
  10. 該当の USB デバイスを Mac に接続する。

Mac OS X から SHARP UX-MF 見楽るで印刷する

2012/11/03
見楽る

SHARP UX-MF10, UX-MF30, UX-MF40, UX-MF50, UX-MF60, UX-MF70, UX-MF80 見楽る はプリンタ部分を HP から供給をうけているようなので、HP のプリンタドライバを使用することで、Mac OS X から印刷することができます。

(さらに…)

Mac 連絡先と Gmail の連絡先を同期する

2012/09/28

2012年9月28日 (米国時間9/27 Gmail の連絡先 (Contacts) が CardDAV プロトコルに対応しました。それによって、複数の Google アカウント (Gmail) と Mac のプリインストールアプリケーションである連絡先を同期できるようになりました。

(さらに…)

AirMac ベースステーション・エージェントを起動しない

2011/11/22

アクティビティモニタを見ると、常に “AirMac ベースステーション・エージェント” というプロセスが実行されています。AirMac ベースステーションを利用していない場合は、特に必要ないので、”AirMac ベースステーション・エージェント” を起動しないようにすると、多少ですがリソースを節約できます?!

“AirMac ベースステーション・エージェント” を起動しないようにするには、ターミナルで次のコマンドを実行します。

$ launchctl unload /System/Library/LaunchAgents/com.apple.AirPortBaseStationAgent.plist
$ sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchAgents/com.apple.AirPortBaseStationAgent.plist

スパムメール (Your receipt #XXXXX)

2010/10/02

iTunes の名前を語ったスパムメールがきていました。

差出人 : iTunes Store
件名 : Your receipt #000000000000

メール内のリンク先は jjpcukvd.info になっていました。Apple とは無関係そうなので、クリックしないよう要注意です。

Intel Mac の EFI が 32bit か 64bit かどうか調べる

2010/06/25

ターミナルで次のコマンドを実行すると、Intel Mac の EFI が 32bit か 64bit であるか表示されます。

ioreg -l -p IODeviceTree | grep firmware-abi

Mac のバッテリー状態を調べる

2010/04/27

ターミナルで次のコマンドを実行すると、Mac のバッテリー状態を取得することができます。

ioreg -l | grep Capacity

単位は mAh で、MaxCapacity は完全充電時の容量、CurrentCapacity は現在の容量です。

Apple Mail で送信元のメールアドレスを選択する

2009/01/14
Mail
Mail

転送メールなどを利用していると、アカウントが1つにも関わらずメールアドレスを複数持つことになります。メールを送信するときに送信元になるメールアドレスを利用しているメールアドレスから選択できるようにするには、次の手順で設定します。

(さらに…)